東成区・城東区 緑橋 福田診療所の高血圧症について

高血圧症

高血圧症とは?

血圧が高い、つまり、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上を高血圧症といいます。ほとんどの方は症状がありませんが、自覚症状がないからと放置してしまうと、動脈硬化を引き起こして、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの発作を起こしてしまうこともあります。


血圧が高くなる原因

高血圧には、本態性高血圧症と2次性高血圧症があります。高血圧症の約90%は本態性高血圧症といって、特に原因のない、主に年をとること(加齢)による高血圧です。残り約10%は2次性高血圧症といって、腎臓の血管が狭窄したり(腎血管性高血圧)やホルモン分泌の異常による高血圧症です。

若い、もしくは、急激に血圧が高くなった、などがあれば2次性高血圧症かどうか調べると良いでしょう(血液・尿検査やエコー検査など)。2次性高血圧症なら、それぞれの原因を治療することで血圧を下げることができます。


高血圧症の治療法

薬を飲むこと(薬物療法)と生活習慣の改善(非薬物療法)があります。年齢や臓器障害の有無、合併症の有無をみて、それぞれの人にあった治療法を考える必要があります。

高血圧症のご相談は当院まで。上記の症状にあてはまる方、気になる方は当院までお気軽にご相談ください。


〒537-0021
大阪府大阪市東成区東中本1-4-17

福田診療所は、地下鉄緑橋駅下車すぐ。